SEMINAR & EVENT INFO
セミナーイベント情報

セミナー

TELEWORK Seminar
テレワークセミナー

育児・介護・闘病など
ライフステージを乗り切るテレワーク活用整備

少子高齢化による労働力不足や介護離職が問題になるなか、テレワークが多様な人材の多様な働き方を支える働き方として注目されています。本セミナーでは、育児や介護のみならず治療と仕事の両立にも焦点をあて、企業と働き手の双方にとってテレワークを活用するメリットや推進のポイントについて解説します。また、シトリックス・システムズジャパン株式会社の川島氏 よりご自身のテレワークの活用によるがん闘病と仕事の両立の実体験や、がん患者を社員にもつ会社と人事の支援の役割についてお話いただきます。

●開催日程
2018年12月11日(火)
●時間
14:00-16:00 (受付13:30-)
●会場
東京テレワーク推進センター セミナールーム
東京都文京区後楽2-3-28 K.I.S飯田橋ビル6階
(最寄駅「飯田橋駅」:都営大江戸線 C3出口徒歩2分、JR中央総武線 東口徒歩4分、東京メトロ東西線 A1出口徒歩4分)
●対象
テレワーク・働き方改革にご興味ある企業ご担当者様
●定員
30名
●費用
無料

■第一部
①「育児・介護・治療と仕事の両立を支援するためのテレワーク推進方法」

一般社団法人日本テレワーク協会 客員研究員/株式会社ルシーダ 代表取締役社長 椎葉怜子 氏

(プロフィール)
2012年よりテレワークによる女性の働き方の研究に従事。政府のテレワーク普及促進事業に携わるほか、一般社団法人日本テレワーク協会の客員研究員として、テレワーク先進企業の役職者を対象とする研究会の部会長を務め、政策提言の執筆を担当している。大妻女子大学非常勤講師。
著書に「テレワークで働き方が変わる!テレワーク白書2016」(共著/インプレスR&D)、テレワーク導入・運用の教科書」(共著/日本法令)。

②「テレワークによるがん治療と仕事の両立の重要性~その人事戦略的意味~」

シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社 人事部ディレクター 川島けい氏

(プロフィール)
テレワーク(モバイルワーク)が完全に浸透している自社内の事例を基に、営業とタグを組みお客様各位にも「人事戦略的モバイルワーク」のセミナーを提供してきていた最中、自身ががんを発病。
その闘病とテレワーク実践の経験から、会社および社会ががん闘病の社員をサポートし、また大切な人材として継続活用していくことの重要性を解き、2016年に発表された厚生労働省「がん治療と仕事両立の指針」の推進を後押ししている。

■第二部
テレワーク推進・働き方改革関連支援事業のご紹介

■第三部
テレワーク体験コーナーのご紹介

●お申込み   上記セミナーは終了いたしました。