メニュー

アクセシビリティ

  1. トップ
  2. アクセシビリティ

概要

高齢者や障害者へのバリアフリーに配慮した、アクセシブル(障害等の有無や利用環境に関係なく誰もが利用しやすいこと)なホームページづくりに努めていきます。アクセシブルなホームページづくりに際し、「JIS X 8341-3:2016 高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器、ソフトウェア及びサービス-第3部:ウェブコンテンツ(以下、JIS X 8341-3:2016)」の達成等級AおよびAAに準拠します。

アクセシビリティ検証結果

「JIS X 8341-3:2016」および情報通信アクセス協議会ウェブアクセシビリティ基盤委員会「JIS X 8341-3:2016 試験実施ガイドライン」に基づいて試験を実施しました。

試験対象としたページ

JIS X 8341-3:2016試験実施ガイドラインに定める試験を以下のとおり実施します。

試験方法と対象は、JIS X 8341-3:2016の「JB.1.2 ウェブページ一式単位」とし、「d ウェブページ一式を代表するウェブページとランダムに選択したウェブページを合わせて選択する場合」にある方法を用います。

ウェブページ一式を代表するウェブページは以下の15ページとします。

トップページ https://tokyo-telework.jp/
東京テレワーク推進センターとは https://tokyo-telework.jp/aboutus
テレワークセミナー・イベント情報 https://tokyo-telework.jp/seminar
テレワークセミナー https://tokyo-telework.jp/seminarevent
体験セミナー https://tokyo-telework.jp/experience
マッチングイベント https://tokyo-telework.jp/matching
マッチングイベントにて求人したい企業様へ https://tokyo-telework.jp/matching/event
テレワーク体験ツアー https://tokyo-telework.jp/tour
テレワーク求人相談 https://tokyo-telework.jp/counselling
テレワーク実践事例紹介 https://tokyo-telework.jp/casestudy
テレワーク導入ガイド https://tokyo-telework.jp/plan
テレワーク推進支援施策 https://tokyo-telework.jp/support
テレワーク推進のQ&A https://tokyo-telework.jp/qa
サテライトオフィス検索 https://tokyo-telework.jp/office
お問い合わせ https://tokyo-telework.jp/contact

ランダムに選択したウェブページは以下の25ページになります。

テレワークを簡単・安全に始めたい!必要最低限のツール、セキュリティ対策とは https://tokyo-telework.jp/seminarevent/detail?id=84
中小企業でも実践できる! テレワーク勤務者のタスク管理&時間管理をスマートに行う手法とは https://tokyo-telework.jp/seminarevent/detail?id=172
テレワークをわからないからできるへ  ~ワークスタイル変革コンサルティング事業セミナー~ https://tokyo-telework.jp/seminarevent/detail?id=170
金融業・保険業向けテレワーク推進のポイント体験セミナー https://tokyo-telework.jp/experience/detail?id=6
中小企業の経営課題を解決する働き方改革とは? https://tokyo-telework.jp/experience/detail?id=176
サービス業向けテレワーク推進のポイント体験セミナー https://tokyo-telework.jp/experience/detail?id=10
柔軟な働き方をしたい方への就職マッチングイベント(求職者向け) https://tokyo-telework.jp/matching/detail?id=13
柔軟な働き方をしたい方への就職マッチングイベント(求職者向け) https://tokyo-telework.jp/matching/detail?id=166
柔軟な働き方をしたい方への就職マッチングイベント(求職者向け) https://tokyo-telework.jp/matching/detail?id=63
テレワーク求人相談予約フォーム https://tokyo-telework.jp/counselling/reservation
マッチングイベント予約フォーム https://tokyo-telework.jp/matching/event/reservation
テレワーク実践事例紹介 https://tokyo-telework.jp/casestudy/all
“株式会社ウテナ”の事例 https://tokyo-telework.jp/casestudy/detail?id=1
“ベクター・ジャパン株式会社”の事例 https://tokyo-telework.jp/casestudy/detail?id=6
“アイエイ・コーポレーション株式会社”の事例 https://tokyo-telework.jp/casestudy/detail?id=8
“特定非営利活動法人フローレンス”の事例 https://tokyo-telework.jp/casestudy/detail?id=50
“株式会社日本パープル”の事例 https://tokyo-telework.jp/casestudy/detail?id=41
“インクリメント・ピー株式会社”の事例 https://tokyo-telework.jp/casestudy/detail?id=15
“株式会社沖ワークウェル”の事例 https://tokyo-telework.jp/casestudy/detail?id=16
“スタイラー株式会社”の事例 https://tokyo-telework.jp/casestudy/detail?id=45
“エルズサポート株式会社”の事例 https://tokyo-telework.jp/casestudy/detail?id=38
テレワークとはどのような働き方ですか? https://tokyo-telework.jp/qa/detail?id=41&u=2
在宅勤務中に、外出する用事が出来た場合、どのようにしたらよいでしょうか。 https://tokyo-telework.jp/qa/detail?id=25&u=2
テレワーク実施時でも労働基準法などは適用されますか? https://tokyo-telework.jp/qa/detail?id=31&u=2
サイトポリシー https://tokyo-telework.jp/policy

例外事項

以下については、修正することが困難なため、対象外とします。

  • 収録済み音声コンテンツに対して、テキストを付与するなどの対応
  • 収録済み動画コンテンツに対して、映像を説明する音声ガイドを付与するなどの対応
  • 収録済みの映像の配信で使用している埋め込み型プレーヤーにおける、キーボードからの操作への対応

基準とする達成等級

等級AAおよび準拠を基準とします。

依存するウェブコンテンツ技術

HTML、CSS、JavaScriptとします。

達成基準チェックリスト

凡例

達成基準 等級 結果 注記

実施結果

達成基準 等級 適用 結果 注記
1.1.1非テキストコンテンツに関する達成基準 A -
1.2.1収録済みの音声しか含まないメディア及び収録済みの映像しか含まないメディアに関する達成基準 A - 該当なし
1.2.2収録済みの音声コンテンツのキャプションに関する達成基準 A - 該当なし
1.2.3収録済みの映像コンテンツの代替コンテンツ又は音声ガイドに関する達成基準 A -
1.2.4ライブの音声コンテンツのキャプションに関する達成基準 AA - 該当なし
1.2.5収録済みの映像コンテンツの音声ガイドに関する達成基準 AA - 該当なし
1.3.1情報及び関係性に関する達成基準 A -
1.3.2意味のある順序に関する達成基準 A -
1.3.3感覚的な特徴に関する達成基準 A -
1.4.1色の使用に関する達成基準 A -
1.4.2音声制御に関する達成基準 A - 該当なし
1.4.3最低限のコントラストに関する達成基準 AA -
1.4.4テキストのサイズ変更に関する達成基準 AA -
1.4.5画像化された文字に関する達成基準 AA -
2.1.1キーボード操作に関する達成基準 A -
2.1.2フォーカス移動に関する達成基準 A -
2.2.1調整可能な制限時間に関する達成基準 A - 該当なし
2.2.2一時停止,停止及び非表示に関する達成基準 A -
2.3.13回のせん(閃)光又はいき(閾)値以下に関する達成基準 A - 該当なし
2.4.1ブロックスキップに関する達成基準 A -
2.4.2ページタイトルに関する達成基準 A -
2.4.3フォーカス順序に関する達成基準 A -
2.4.4文脈におけるリンクの目的に関する達成基準 A -
2.4.5複数の到達手段に関する達成基準 AA -
2.4.6見出し及びラベルに関する達成基準 AA -
2.4.7視覚的に認識可能なフォーカスに関する達成基準 AA -
3.1.1ページの言語に関する達成基準 A -
3.1.2部分的に用いられている言語に関する達成基準 AA -
3.2.1オンフォーカスに関する達成基準 A -
3.2.2ユーザインタフェースコンポーネントによる状況の変化に関する達成基準 A -
3.2.3一貫したナビゲーションに関する達成基準 AA -
3.2.4一貫した識別性に関する達成基準 AA -
3.3.1入力エラー箇所の特定に関する達成基準 A -
3.3.2ラベル又は説明文に関する達成基準 A -
3.3.3入力エラー修正方法の提示に関する達成基準 AA -
3.3.4法的義務,金銭的取引,データ変更及び回答送信のエラー回避に関する達成基準 AA - 該当なし
4.1.1構文解析に関する達成基準 A -
4.1.2プログラムが解釈可能な識別名,役割及び設定可能な値に関する達成基準 A -

試験実施期間

令和元年12月1日~12月16日